となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
どじょうのおなら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どじょうのおなら

作・絵: 斉藤 とみ
出版社: さきたま出版会

本体価格: ¥952 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どじょうのおなら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

これはまたすごいチャレンジャーな絵本

副題に『ばあばと一緒に作る本』と、あります。
私の記憶では、この方の絵本を読むのは初めてです。後書きを読むと、いろいろ大変な経歴のおばあちゃんみたいです。

この絵本の画期的というか、すごいところは、字だけで絵が簡単な背景しかないところ。
大きく空いたその空間に、どうやら聞き手、もしくは読み手の子どもたちに書かれている文をイメージした絵を描いてもらう仕組みになっているようです。

実際、絵を描いて楽しむお子さんもいると思います。
とても楽しいそうな試しみです。ただ、私が見つけたこの本は図書館の蔵書で、
文章にこんな風に書いてあったら、「借りもの」ということを気づかずにうっかり記入してしまう小さなお子さんも出てくるかもしれません。
それがちょっと心配です。

実際、この絵本が子どもたちの手に渡った時、どんな反応が待っているんでしょうか?(うちの子たちはそれほど驚かなかったし、「なんだ〜」くらいの反応でした)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

どじょうのおなら

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット