しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
オオカミおばさんたべちゃダメ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オオカミおばさんたべちゃダメ!

作: シェーン・ロディ
絵: セリーナ・ヤング
訳: 泉山 真奈美
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,350 +税

「オオカミおばさんたべちゃダメ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784097273523

ベストレビュー

っていうか、もう、食べられなくなっている。

ある日、腹ぺこのオオカミおばさんは、アヒルの卵を手に入れます。
でも、ちょっとばかり欲深かったオオカミおばさんは、卵よりも、アヒルになってからのほうが、ずっと美味しく食べごたえがあると思ったのです。
オオカミおばさんは卵をあたためて、孵すことに成功しました。
生まれてきたアヒルの赤ちゃんは、もちろん最初に見たオオカミおばさんを「ママ」だと思って疑いません。
さて、どうやって食べちゃおうかな。なんて、あれこれ考えてたオオカミおばさんは、やっぱり、もっと太らせて(大きくして)から、食べようと考え直します。
(これって、心の奥底にあるオオカミおばさんの母性がそうさせたのでしょうか?)

かといって、アヒルが可愛くなったから、食べるのを止めようとかって、雰囲気では語られていないんですよねぇ。

そして、よちよちちゃんと名付けたアヒルの赤ちゃんを大きくするためにオオカミおばさんは美味しいものを作って食べさせたり、外へ散歩に出てひなたぼっこさせたり…。なんかもう、楽しく子育てしてますって、感じ!
なのに、お腹がすいてくると、「やっぱり食べちゃおうかな」なんて、思ったりする。この、オオカミおばさんの素直な心情が面白かったなぁ。
で、最後はどうなるかというと…、それは読んでからのお楽しみです。

(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シェーン・ロディさんのその他の作品

ブタさんカバさんふたりはなかよし

セリーナ・ヤングさんのその他の作品

ワンワン こいぬ / きつねのおてつだい

泉山 真奈美さんのその他の作品

やあ、もしもし! / おねえちゃんったら もう! / ねむれないよるは / やあ、ともだち!



サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

オオカミおばさんたべちゃダメ!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット