庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ぼくはモンスターのとこやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはモンスターのとこやさん

作・絵: マシュー・マケリゴット
訳: 野口絵美
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年3月31日
ISBN: 9784198631499

5さいから
32ページ 31cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

満月の真夜中、昼間はとうさんがやっているとこやさんの裏口の鍵をあける。
げろげろシャンプーや、でろでろトニックを出して…準備オーケー!
お客さんは、一つ目大男にフランケンシュタインに…モンスターがせいぞろい!
みんなぴったりの髪型にしてあげるよ。ユーモアあふれる楽しいお話。

ベストレビュー

発想が面白い

2011年の米国の作品。
原題は、Even Monsters Need Haircuts。

「とうさんは とこやさん なんだ。
ぼく、とうさんが しごとするのを みてるのが だいすき。
ぼくも とこやさん だからね」
という書き出しで始まります。
ぼくもね…というところがポイント。
次頁は、
「こんやは まんげつだ。
はやく ねておかなくちゃ」
何故?と思いますよね。
真夜中にお迎えが来るからなのですが、そのお迎えがコウモリに変身したドラキュラ。
向かう先は、とうさんの仕事場すなわち床屋なのです。

要は、満月の真夜中に、ぼくが、モンスターの床屋さんになるという展開なのです。
ぼくは、思い思いの髪形にモンスターの髪を刈っていくのですが、そのシーンは一見の価値あり。
ゴーゴン(Gorgon)の時は目隠しし、フランケンシュタイン(Frankenstein)の時のバリカンの電源は、フランケンの首のコンセントからなんて、芸が細かくて思わず笑ってしました。

絵は実に綺麗な発色で、アメリカンテイスト溢れるもの。
練られたストーリー展開も、楽しめるものです。
主人公のぼくが、とうさんと同じ仕事をするという発想も、子供の共感を呼ぶことでしょう。
ただ、小物の名前をでろでろトニックとかくさくさワックス等に邦訳していますが、もう一寸ひねりが欲しいところ。
邦訳はなかなか、その雰囲気を伝えるのが難しいので、無理に邦訳せず英文のままでも良かった感じがします。

他の作品にも期待したい絵本作家の登場と言えそうです。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

マシュー・マケリゴットさんのその他の作品

王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいの おはなし

野口絵美さんのその他の作品

四人のおばあちゃん / ショッピングカートのぼうけん  / ぼろイスのボス / ニャーロットのおさんぽ / 魔法!魔法!魔法! ダイアナ・ウィン・ジョーンズ短編集 / 海駆ける騎士の伝説



すべてのおとなとこどもに贈ります

ぼくはモンスターのとこやさん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット