バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
超訳日本の古典(3) 枕草子・更級日記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

超訳日本の古典(3) 枕草子・更級日記

  • 児童書
監修: 加藤 康子
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「超訳日本の古典(3) 枕草子・更級日記」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784052028618

中学生
A5 196ページ

出版社からの紹介

日本の古典の名作を読みやすい長さにまとめた、古典入門シリーズ。中学生にもわかりやすい超訳で古典のおもしろさを手軽に味わえる。古事記からおくのほそ道まで全12巻で構成。1回の読書量を約10分に設定しているので、無理なく読みすすめられる。

ベストレビュー

結構イケてる清少納言

「春はあけぼの…」でよく知っていながら、まともに読んだことのない『枕草子』の画期的な抄訳版です。
今風にアレンジしてあると、なんだか清少納言が今風のイケイケギャルに思えてくるところが不思議。
難解だった(?)あの古典がツツツー!と読み終えてしまいました。
内容のピックアップも良かったのでしょうか。
こんなお話だったのね。
『更級日記』がカップリングで載っています。清少納言とは好対照の菅原孝標女というなんともかわいそうなネーミング女性の、奥ゆかしい日記ではありました。
どちらも昔の女性も、今の女性も、女性だったと感じさせる内容。
原文では、なんとも重ったるい感じがしたのですが、とても親しみをもって読むことができました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

加藤 康子さんのその他の作品

10歳までに読みたい日本名作(4) 里見八犬伝 / 10歳までに読みたい日本名作(3) 走れメロス/くもの糸 / 超訳日本の古典(8) 御伽草子・仮名草子 / 超訳日本の古典(5) 今昔物語・宇治拾遺物語 / 超訳日本の古典(2) 竹取物語・伊勢物語 / 超訳日本の古典(4) 源氏物語



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

超訳日本の古典(3) 枕草子・更級日記

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット