ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
ゆきあらし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきあらし

作: 有沢 浩
絵: 伊佐見 育代
出版社: ベネッセコーポレーション

本体価格: ¥1,097 +税

「ゆきあらし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

えぞまつじいさんと動物たち。

北海道の深い森の中。
そこに住むシマリス、キツネ、クマの親子など、
えぞまつじいさんと森の動物たちの交流がえがかれています。

秋から春にかけての自然の移り変わりの中で、
えぞまつじいさんが、動物達に話しかけます。

えぞまつじいさんの彼らに対する心遣いが、
森のおとうさんって感じです。

バーン!と大きな音がしたときは、
鉄砲の音か?とびっくりしたけど、
トドマツさんの幹が、あまりの寒さで裂けてしまった音でした。
あぁ、こういうこともあるんだなと、
ちょっぴり、可哀想になりました。


厳しい冬を乗り越えようとする動物たちの姿を通して、
子ども達に、生きる力を感じ取ってもらえたらいいな。

絵が非常に綺麗なので、動物達も生き生きしてみえます。
(多夢さん 40代・ママ 女の子10歳)

出版社おすすめ




『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ゆきあらし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット