くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
プルガサリ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

プルガサリ

作: キム・ジュンチョル
絵: イ・ヒョンジン
訳: ピョン・キジャ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「プルガサリ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784265850075

小学校低学年向け
23.0×26.0 34頁

出版社からの紹介

ハルモニ(おばあさん)の身体の垢から生まれた怪物、プルガサリ。鉄を食べて大きくなり、村中を破壊し火で焼きつくす勢いだった! 迫力ある絵とお話が楽しい韓国の民話。

ベストレビュー

キモ可愛い「プルガサリ」

読みながら、日本と韓国の文化の相違をいろいろと感じました。

日本の昔話にも子どものいない夫婦が“あか”をこすって、子どもを作ったとかあります。
やはり、韓国と日本はとても近い文化を持っているんだなと、改めて思いました。
また、“あか”から生まれた後にいろいろな「鉄」を食べてどんどん大きくなり、むらを壊滅状態にしてしまう。という大胆な発想にはびっくりしました。
その辺は島国日本とはスケールが違いますよね。

イ・ヒョルジンサンのイラストはどこかマンガチックでしたが、
読んでいるうちに奇想天外な「プルガサリ」に魅了されていきました。
「プルガサリ」自身は今でいうところの「キモ可愛い」生き物(?)なので、こういう絵本は小学校中学年・高学年くらいに紹介したら、喜んでくれそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。

ピョン・キジャさんのその他の作品

春姫という名前の赤ちゃん / キジのかあさん / ソルビム2 お正月の晴れ着(男の子編) / ソルビム お正月の晴れ着 / ヨンイのビニールがさ / きょうはソンミのうちでキムチをつけるひ!



『ママドクターからの幸せカルテ』 監訳者  吉田穂波さんインタビュー

プルガサリ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット