おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
アリスの見習い物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アリスの見習い物語

作: カレン・クシュマン
絵: 中村 悦子
訳: 柳井 薫
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アリスの見習い物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年02月
ISBN: 9784751517987

中学生〜一般
160頁

出版社からの紹介

14世紀英国でその日暮らしをしていた少女が、自己にめざめ、産婆見習いになるまでを描いた成長物語。96年ニューベリー賞受賞作。

ベストレビュー

自らの人生を切り開こうとするたくましさ

自分の名前も年も知らず堆肥の中で眠る12、3歳の少女が主人公。

産婆見習いとなって自らをアリスと名乗るようになります。

食べるために始めた産婆見習いでありながら、アリスは着々と技術や知識を身につけていくのです。

失敗して逃げ出しても、自分のしたいことを知っているアリス。

同じ作者の『ロジーナのあした』のロジーナのように、明日にむかって自らの人生を切り開こうとするたくましさを感じました。

重たくなってもおかしくないテーマを清々しく書きあげる作者の筆力も感じました。

ひたむきに生きる少女の芯の強さを感じる作品でした。

ニューベリー賞受賞作品。156ページ。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カレン・クシュマンさんのその他の作品

ロジーナのあした / 金鉱町のルーシー

中村 悦子さんのその他の作品

庭師の娘 / つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン / 千年もみじ / ミンティたちの森のかくれ家 / かあさん どうして / 三つ穴山へ、秘密の探検

柳井 薫さんのその他の作品

本だらけの家でくらしたら



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

アリスの見習い物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット