おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ハートビート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハートビート

作: シャロンクリーチ
絵: 堀川 理万子
訳: もきかずこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ハートビート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784037267605

小学上級から
254ページ

出版社からの紹介

家族の誕生と老いをみつめる十二歳の少女のみずみずしい日々を、リズミカルな散文詩形式でえがく、あたたかな感動作。

ベストレビュー

ハートビート

詩で構成された珍しい作品です。

同じ年齢の子どもが主人公かどうかはわかりませんが『雲じゃらしの時間』も詩が出てきたと記憶しています。

12歳のアニーは、走ることと絵を描くのが好きな少女です。

お母さんが妊娠して赤ちゃんが生まれることになり、おじいちゃんは年をとり物忘れがひどくなっていきます。

このハートビートというタイトルがとてもうまくつけられていることを感じました。

赤ちゃんの心音は速いでしょうし、残りの人生が限られているおじいちゃんの心音とはまた違います。

アニーは走りながらいろいろなことを思います。

「才能をむだにしたくない」「まちがったことはしたくない」など。

読書をする時でもスポーツをしている時でも無になる瞬間もあり、また自分の内面と深くつきあう時もあります。

詩なので、早くは読めますが、さらさらと読めるかと言うと、また繰り返しそのフレーズを思い出したくてまた開くというタイプの作品でした。

シャロン・クリーチの作品が他にも読みたくなり、新しい作品も借りてきました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

シャロンクリーチさんのその他の作品

トレッリおばあちゃんのスペシャル・メニュー / あの犬が好き / ルビーの谷 / みんなのすきな学校 / 父さんと釣りにいった日

堀川 理万子さんのその他の作品

あーといってよあー / はじめてのギリシア神話 / ひっつきむし / いっすんぼうし / 宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮 / よるの おきゃくさま

もきかずこさんのその他の作品

白雪姫 / アナと雪の女王 / おつきさまが たいへんだ! / クリスマス・キャロル <新装版> / ディズニープリンセス スペシャルガイド / (デジタル)名作こども文庫―こぶんこ― for iPad



幻の絵本「とのさまサンタ」の続編!

ハートビート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット