あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
どこまで ゆくの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どこまで ゆくの?

作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「どこまで ゆくの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年11月

5才〜6才向き
ページ数: 28 サイズ: 25X23cm かがくのとも 2010年11月号

出版社からの紹介

「いってきまーす」「どこゆくの?」「どこまでも ゆくの ずっととおくまで」と家を出た青い帽子の男の子。バスに乗り、地下鉄に乗り、行く先々に起きていることには目もくれず、「とおくまで」やってきました。さてそこは? 「かえれるの?」……。幾何学模様のたくさんの景色の中を、帰りは本を逆さまにして読んでみましょう。「かがくのとも」500号です。

ベストレビュー

次男も一緒に

月刊かがくのともの、500号記念ということで、なじみの絵本やさんがおまけで下さいました。

青い帽子の男の子は、どこまでもずっと遠くまでお出かけをします。
誰かのおうちの間を通り抜け、犬を散歩しているおじさんを見ながら、バスとすれ違い、地下鉄に乗って・・・
文字はほとんどありません。
あるのは、ただ道と風景、そして白い矢印のみ。

たどり着いたのは博物館。
「だいぶとおくまできました
 だいぶむかしまできました」
なんだか意味深です。
矢印を逆にたどって、帰り道も楽しめる絵本です。

この絵本のどこあたりが科学なんだろう?と思いましたが
付録の小冊子にあった、林明子さんの書評を読んで納得がいきました。
「道を歩くことは、
距離を測る事、方向を考える事、
時間を感じる事、気候の変化を見ることなど、さまざまなかがくを含んでいる」
のですね。

長男よりも、1歳の次男の方が喜んで、指で道をたどりながら遊んでいました。
(シーアさん 20代・ママ 男の子5歳、男の子1歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / ゆっくりおでかけ / 勉強しなければだいじょうぶ / 五味太郎 絵本図録 / くじらだ! / きみはしっている



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

どこまで ゆくの?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット