しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
しゃっくりどろぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゃっくりどろぼう

作: たかし よいち
絵: 福田 庄助
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

犬がお犬様と言われていたころのお話

犬がお犬様と言われていたころのお話
犬は道の真ん中を歩き、人は道端を歩いていた。
犬達は、泥棒を10人捕まえると位がもらえ金の犬小屋に住む事が出来ました。登場する「クロ」は10人目の泥棒にしゃっくりを移されます。きつねから「泥棒からでたしゃっくりは珍しいので大切にするように。」と言われるのですが、そのどろぼうしゃっくりがクロの口から飛び出し殿様の口に入ってしまい、クロは殿様に飛び掛ってしまいます。
怒った殿様はクロをたたいてしまうのです。

民に、犬を大事にしなかったら罰を受けさせると命じた殿様自身が、その掟を破ってしまう風刺を込めた笑い話です。
最後に殿様が縛られ口をポカンと開けているところが可笑しい。
人の上に立つ者は自分勝手な思いを民に押し付けてはいけないこと、自らその掟を破って初めて自分の過ちに気づく。

私自身も自分の思いを人に押し付けてはいないか、また子供達に押し付けていないか考えてみたくなりました。
(sandyさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


たかし よいちさんのその他の作品

そらとぶガムガム / 新版 なぞとき恐竜大行進 メガロサウルス / 新版 なぞとき恐竜大行進 (8) アパトサウルス ムチの尾をもつカミナリ竜 / マイアサウラ 子育てをした草食竜 / アロサウルス / 妖怪伝(3) 鬼

福田 庄助さんのその他の作品

ふしぎなひこうき / かもとりごんべえ / おかあちゃんごめんね / 紙芝居 おいの森とざる森、ぬすと森 / 天からきた大力童子 / こんやは、なんてふしぎなよる



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

しゃっくりどろぼう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット