十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたち

作・絵: 吉崎正巳
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1970年05月

5才〜6才向き
ページ数: 24 サイズ: 25X23cm かがくのとも 1970年5月号

出版社からの紹介

夏の近づくある日、いたちの親子が木の根元にある小さな穴から現れました。外に出て、お母さんいたちに食べ物の採り方を習います。外敵から身を守り、1年ですっかり大きくなったいたちは春、子供をつくり夏にはまた、いたちの親子を見ることができるでしょう。(かがくのとも14号)

ベストレビュー

いたちの生態

かがくのとも復刻版として、我が家にやってきた絵本です。
5歳の長男が最近お気に入りで、毎日読んでいます。

いたちは魚やねずみを獲って食べる、でも、ふくろうや犬は怖い敵・・・
実際、物語の途中で、いたちの子のうち1匹は、ふくろうに捕まって食べられてしまって、次の場面からは子いたちが1匹少ないのです。
あえて淡々と、長男が「あ、減ってる」と指さして言うくらいの淡白さ。
そして、おかあさんいたちは子どもを連れているけれど、おとうさんいたちは子どもが生まれてしばらくすると離れていってしまいます。
弱肉強食、自然の摂理を、じんわりと伝えてくれます。

おならをして敵を追い払うという習性もきちんと紹介されています。
子どもはそこで笑いますが、この絵本は笑わせようとしているのではなく、
これもれっきとした動物の知恵なのだ、というスタンスです。
子どもに阿らない潔さに好感をもちました。
(シーアさん 20代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

吉崎正巳さんのその他の作品

椋鳩十全集(21) 海上アルプス / 椋鳩十全集(17) モモちゃんとあかね / 椋鳩十全集(13) チビザル兄弟 / 椋鳩十全集(25) 山の民とイノシシ / 椋鳩十全集(1) 月の輪グマ / とびうお



大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

いたち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット