こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
トルコのごはん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トルコのごはん

  • 絵本
作: 銀城康子
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

世界三大料理

【内容】
トルコの朝、昼、晩ごはんの様子をイラストで紹介。台所や、売店など身近な風景、地域によって違う食文化。イスラムの風習など、食文化が絵でわかる。手間暇かけておいしく作るのが、トルコの家庭料理。巻末にはピーマンのドルマなどの作り方も。

【感想】
肉も野菜も、「鳥の頭の大きさ」に切る、という表現の仕方が心に残った。たくさんの新鮮な野菜を使って、手間暇かけて作られる料理は、家庭料理なのに高級な感じがする。
あまり馴染みのないトルコ料理だけど、最近はケバブ屋を見かけるようになった。トルコの平均的な家庭料理の一週間のメニューを紹介するコーナーが一番面白い。毎日パンや野菜の煮込みなどを食べていて、けっこうヘルシーな感じ。

アパートで暮らしていると、パンは管理人さんがまとめて買ってきてくれて、めいめいの家の戸口に置いて行ってくれるという。ご近所の奥さんたちが一緒に集まって、手間のかかる料理を作ったりするとか、けっこう、近所づきあいが濃厚。長屋暮らしみたいで楽しそうだ。
華やかで、おいしそうで、丁寧に作られたお料理が多い気がする。愛情がたっぷりはいったお料理で、みんな健やかに育っていそうだ。
西洋とも東洋ともいえない、いろんな要素が混ざった世界。ぜひ、行ってみたい。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

銀城康子さんのその他の作品

ポルトガルのごはん / モロッコのごはん / ロシアのごはん / インドネシアのごはん / イギリスのごはん / 絵本 世界の食事 14 スペインのごはん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

トルコのごはん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット