だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく

作・絵: リンリー・ドッド
訳: たまの まさと
出版社: あづき

本体価格: ¥1,300 +税

「もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784901970204

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

読み聞かせにピッタリ

リンリー・ドッドは、ニュージーランドで最も著名な絵本作家。
1983年の本作品の成功によって、国民的絵本作家となったとのこと。
この「マクレリー」シリーズは、英語圏で200万部を突破しているというから、凄いベストセラーと言えます。

主人公のマクレリーは、オーストラリアン・テリア。
ある日、マクレリーは、家を抜け出し散歩に出かけます。
すると、マスティフのモースも、門を飛び出してマクレリーに続きます。
その時の文章が
「マクレリーとお散歩だ」
なのですが、このリズミカルな文章は、お供の犬がふえる毎に読むことになるのです。
この繰り返しが、子供にとってはたまらないはず。
ダルメシアン、シープドッグ、ダックスフント等の犬が一緒に散歩し、町外れまでやってきます。
そこで出合った動物に脅かされて、みんな逃げ帰るのですが、この結末ってかなり笑えました。

邦訳もそれなりにリズミカルではあるのですが、韻を踏んだ原文は、もっと素晴らしいはずで、その点は仕方のないところです。
その分を差引いても、繰り返しの文がある文章は、読み聞かせし易いもの。
明るく愛嬌のある絵と相まって、水準の高い作品に仕上がっています。

読み聞かせのオススメ作品の1つに加えたいシリーズなので、続編を続けて読んでみたいと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リンリー・ドッドさんのその他の作品

もしゃもしゃマクレリーほねだいすき / もしゃもしゃマクレリーねことおっかけっこ

たまの まさとさんのその他の作品

くりのきむらのゆうびんやさん / 10本のまっかなバラ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81




全ページためしよみ
年齢別絵本セット