おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
はるにれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるにれ

  • 絵本
作・絵: 姉崎 一馬
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年11月
ISBN: 9784834008579

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
サイズ:B5

出版社からの紹介

北海道の草原にひとり立つはるにれの大木。息をのむほどに美しいはるにれの四季の姿が、自然の驚異に目を瞠らせるとともに、ふしぎな安らぎさえも与えてくれます。文字のない見事な写真絵本。

ベストレビュー

孤高の木のモノローグ

ストーリー性のない写真集なので、どうしてこれが絵本の中にいるのか不思議に思いましたが、はるにれの一人劇になっているのでした。
子どもには少し物足りなかったようですが、大人の私にはこのはるにれがとても気高く見えたのでした。
平原に一人、四季を問わず立ち続ける大樹。木にとっては当たり前のあるべき姿なのかもしれませんが、言葉少なに多くを語っている木なのでした。
この木の様々な季節を通して撮り続けた姉崎さんの思いが伝わってきます。
大地の中でとても雄大な写真集。
子ども向けというよりも、大人にとって、とても心のゆったりする一冊です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


姉崎 一馬さんのその他の作品

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(25) 森にめぐるいのち / はっぱじゃないよ ぼくがいる / 森はオペラ / ふたごのき / たきび / きはともだち



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

はるにれ

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット