すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
あそぼあそぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あそぼあそぼ

作・絵: 高畠純
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あそぼあそぼ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784061322950

出版社からの紹介

子どもは大好き!擬音のみの愉快な絵本。
「ゲゲゲゲ」「ヒヒーン」「ワンワン」・・・。鳴き声を発して続々と動物たちが集まってきます。色鮮やかでリズミカル。ラストでは思わず笑みが浮かぶ心温まる作品。

ベストレビュー

とっても賑やかで楽しい絵本タイムに・・・

 高畠先生の親子で大ファンです。
 この作品が出た時には、息子はペラペラと捲って、ウフフフ。
 あ〜、もう少し息子が幼かったらなぁ〜、なんて思いました。

 最近親戚の女の子二人が遊びに来ました。
 1歳7ヶ月ともうすぐ4歳の姉妹。
 さ〜て、どんな反応かな〜?て、ワクワクしながら読みました。

 下の女の子は、動物の名前(といっても鳴き声で覚えているみたい)を連呼していました。
 そして、どんどん「あそぼ あそぼ」とおうちへ呼びかけに来る動物たちが増えていくのに興奮気味。
 お姉ちゃんは、「ヒッヒーンは、“おうまさん”言うのよ〜」って妹に解説。
 そして、「赤ちゃんと遊びたいのね〜」って最後の意味も理解してくれました。
  
 そして、「もう一回!」コール。
 今度は、姉妹に一緒に鳴き声をやってもらいました。
 とっても賑やかで楽しい絵本タイムになりました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

高畠 純さんのその他の作品

ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / イソップ物語 / おおどろぼうヌスート / かばのさら・ばらのかさ



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

あそぼあそぼ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット