ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
いちばんまちどおしい日 たらのきだい分校
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちばんまちどおしい日 たらのきだい分校

作・絵: 土田 義晴
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちばんまちどおしい日 たらのきだい分校」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

理想の教育?少人数・体験学習

児童は4年生までの19人、実在の分校の半年を綴ったお話です。

そこには、先生と子供一人一人の、子供達同志の心の触れ合いがあり、仲間を思いやる心があります。
また、身近な自然の中での生き物の勉強、農業体験があります。都会の子供達には望むべくもない、豊かな環境。いえいえ、環境があるだけでは、宝の持ち腐れ。それを活かしてくれる先生と、陰で支えてくれているであろう、大人があってこそ、生きた勉強になるのだと思います。

土田さんの本は4歳の娘のお気に入り。もともとは動物ものが好きなのですが、最近はこの本が一押しのようです。寝る前の読み聞かせには長いのですが、「これがいい」と言われればいたしかたありません。長男の学校とついつい比べながら、複雑な思いで読んでいます。

土田義晴さんは、生まれ故郷の山形県でさまざまな活動をされています。この、たらのきだい分校との交流もその一部のようです。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


土田 義晴さんのその他の作品

紙芝居 きょうのくだものなんだろな? / くろくまレストランのひみつ / 紙芝居 よもぎだんごぺったん / バレリーナマノン / マユとまほうのてがみ / 紙芝居 たけのこほりほり



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

いちばんまちどおしい日 たらのきだい分校

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット