しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
やくそく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やくそく

作・絵: 成田 雅子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「やくそく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784061322943

ワイド判・32ページ

出版社からの紹介

ぼくとの約束、忘れないで…       
猫のよもは、ゆうじさんとの釣りをたのしみにしていました。
ところが、忙しいゆうじさんは戻ってきません。やがてピアノが消え、ベッドが消え、ついには…

ベストレビュー

気が付くとみんな失って…

成田雅子さんの「もうひとりのアドロ」が好きなので、同じ作者のこの本はどうかな、と借りてきました。
やっぱりね。「アドロ」と同じく、胸の奥底のちょっと痛い所をついてきました。

ネコの「よも」とゆうじさんは仲良し。ゆうじさんの仕事が忙しくなるまでは。ある時から、家の中のものが一つずつ無くなっていきました。コート、テーブル、ベッド。ついには家さえも。「よも」は自分の姿さえも消えてしまうのではないかと「胸がぎゅーっ」となるのです。

「忙しい」という字は、「心が亡くなる」と書きます。まさにそれを言いたいんだろうな。気にかけなくなると、その人の心の中から消えてしまうのでしょう。たとえ実体があっても。
忙しい人たち、自分を見失ってはいけません。大事な人さえも見えなくなってしまいます…そんなメッセージが伝わってきました。
せかせかした毎日を送る人たち(私もそうかもしれない)ご注意を!

(星モグラサンジさん 30代・その他の方 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


成田 雅子さんのその他の作品

ひろとチロのなつまつり / もうひとりの アドロ / いちょうやしきの三郎猫



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

やくそく

みんなの声(6人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット