ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
海
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

  • 絵本
作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「海」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1969年7月25日
ISBN: 9784834002010

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
ページ数: 40
サイズ: 31X23cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

身近でありながら、今なお、多くのなぞを秘めている海。この海にすむ動植物から未来の海中農業、海底開発まで、海の持っているすべてを総合的に整理し、こまかく描きこんだ絵本図鑑。

ベストレビュー

海を調べることは地球を調べること

「かがくのほん」シリーズの「海」になります。
「地球」の時と同様に、こちらでは海を切断した状態を細かい絵で描かれています。

海にやってくる鳥、カニや貝などの海辺にいる生き物のことは
もちろんのこと、砂の中や浅い海の中、そして深い海の中の様子、
海中で生活している海草や魚たちの様子、漁の様子など、
普段は目に出来ない部分をわかりやすく表現されていて、
とても興味深く、親子で見ることが出来ました。

息子的には、沈没船を引き上げているところを見つけて
とても喜んでいました。
小さい子でも絵を見て理解できるように、生物名をひらがなで
表記していたところがとても良かったと思います。

最後のページのところで、「海を調べることは地球を調べること」
と書いてあって、すごく共感できました。
子供から大人まで充分楽しめる1冊になっていると思います。
是非、「地球」も合わせて見て欲しいです。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


加古 里子さんのその他の作品

大型絵本 だるまちゃんとてんぐちゃん / 大型絵本 だるまちゃんとかみなりちゃん / だるまちゃんとにおうちゃん / だるまちゃんしんぶん / だるまちゃんと楽しむ 日本の子どものあそび読本 / だるまちゃんすごろく



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56




全ページためしよみ
年齢別絵本セット