ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
もう はるですね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もう はるですね

作・絵: いわむら かずお
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もう はるですね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1985年
ISBN: 9784783401476

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

春が来ると雪はどこへ行くの?子リスの兄弟が雪どけ水を追って行くと…。早春の森の空気があふれ出て読者を春の喜びで包む。色をおさえた美しい絵本。

ベストレビュー

いわむらさんの魅力がたっぷり

長女が借りてきて読んでくれました。
私は長女の読んでくれる心地よい音を聞きながら、うっとり絵を眺めていました。
本当に、この作者(=14ひきシリーズで有名)は、自然を描くのがなんて上手なのでしょう!
まるで、自分がそこにいるかのような錯覚を覚えます。

春がくると雪はどこへ行ってしまうのか、3びきの子リスたちが、小さな冒険をするだけのシンプルなストーリーなのですが、それがかえって、自然の偉大さに感心し、いつまでも心に残る絵本だと思います。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

いわむら かずおさんのその他の作品

うそみーるめがね / はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

もう はるですね

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット