もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
いちねんせいのいちにち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちねんせいのいちにち

  • 絵本
作: おか しゅうぞう
絵: ふじた ひおこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちねんせいのいちにち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784333020515

29×24cm 36ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一年生になったら、どんな一日を過ごすのかな? 朝の集団登校、国語や算数のお勉強、おいしい給食、たくさんの友だち……。楽しいことがいっぱいの新一年生の一日を紹介する、大型絵本です。

いちねんせいのいちにち

ベストレビュー

「1年生の一日」の流れがよーく分かる

小学校1年生の男の子、しゅんちゃんが主人公。
「いってきまーす」と家を出てから、下校して、夜寝るまでの
まさに「1年生の一日」ドキュメント。

しゅんちゃんを含め、30人のクラスの子ども達の様子は、1年生らしい微笑ましいものばかり。
授業は算数・国語・図工・体育・音楽・生活と網羅し
休み時間の連れだって行くトイレや、給食当番、保健室の利用、掃除、下校後の遊ぶ約束まで、なかなか具体的。
「1年生の1日」の流れがよーく分かり、
入学前のお子さんにもイメージしやすいのではないかと思います。

年長の下の息子にと、図書館で借りてきたのですが
気づけば、小学校2年生の上の息子が読み聞かせてあげていました。
上の息子によると、彼の小学校生活も「うん、うん、こういう感じ」だそうです。
年長の息子も気にいったようで、その後、私にも読み聞かせを頼んできました。

優しい絵も、生き生きとした子ども達の会話も、
小学校って楽しいことろだよ、と教えてくれているような絵本でした。
入学を控えたお子さんと親御さんにおすすめです!
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

おか しゅうぞうさんのその他の作品

カイくんのランドセル / ようちえんのはる・なつ・あき・ふゆ / いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ / いちねんせいのがっこうたんけん / ようちえんのいちにち / ほいくえんのいちにち

ふじた ひおこさんのその他の作品

はじめてみんなとかえった日



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

いちねんせいのいちにち

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 36人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット