あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ハーキン 谷へおりたきつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハーキン 谷へおりたきつね

作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 秋野 翔一郎
出版社: 童話館出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年05月
ISBN: 9784887500464

ベストレビュー

新しい挑戦!

この絵本には、一つの生き物の進化のあり方が描かれているような気がします。
突然変異といっては大袈裟ですが、古来から、生き物は新しい挑戦をすることによって、選択肢を広げ、新しい種を生んできたんですよね。
この絵本では、そんな命の流れが見ることが出来ます。

他のきつね達(家族)が、人間に見つからないよう、山の中で細々と暮している中、この絵本の主人公ハーキンは、ひとり、民家の近くの谷まで降りて、いろいろな冒険をして遊んでいました。
人に見つかれば、危ないと、親にさとされても、ハーキンは止めませんでした。
そんなある日、ハーキンは森の番人に見つかってしまいます。
人間がきつね狩りにくるんじゃないかと、怯える家族の中、ハーキンはある作戦に出ました。
人間達を沼地に誘導して、やっつけてしまう作戦です。
ハーキンの命がけの作戦は見事、成功しました。
そして、大人になったハーキンは、子供達に自分の武勇伝を話してやる年になりました。
でも、息子の1人は、ハーキンの話にうんざりしていました。
だって、その子はハーキンも行ったことのない谷の向こう側へ行ってみたいと思っているんですから!
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・バーニンガムさんのその他の作品

またまた ねえ、どれがいい? / いえすみねずみ / 英日CD付 英語絵本 ねえ、どれがいい? Would you rather… / ドライバーマイルズ / シルヴィーどうぶつえんへいく / ピクニック

秋野 翔一郎さんのその他の作品

おじいちゃんのところ / イソップ寓話集 / サムぼうやのぬいぐるみ



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

ハーキン 谷へおりたきつね

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット