アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ウナギのひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウナギのひみつ

作: カレン・ウォレス
絵: マイク・ボストク
訳: 百々佑利子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ウナギのひみつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784001162035

小学3.4年以上

出版社からの紹介

だれも知らない深い海の底で誕生したウナギの子が,親の育った川にもどり,やがてまた海にかえる…謎にみちたウナギの一生を,リズム感あふれる文と透明な絵でつづる絵本

ベストレビュー

本当にすごい!秘密でした。

土用の丑の日も近いし、何となく目に止まって図書館で借りてきた絵本です。
私はこの年まで、ウナギについて、海で生まれて川に登ってきて、また海に戻って産卵する。ということくらしか知りませんでした。
正直、この絵本に書いてあることが本当なら(疑ってしまうくらいのウナギの秘密です)、ウナギってやつはホントに奥が深い、不思議な生き物です。感心しました。
身体の形や色が、移動する場所によって変化している所も、(魚の仲間だと思っていたので)地面が湿っていれば2日間くらいは、地面の上でも生きられるということも、なんと!マキガイというカタツムリの一種を食べるということにも、驚きました。
この夏、一番のお勧めの絵本です。
不思議なウナギの一生を、この絵本で覗いてみませんか?
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


百々 佑利子さんのその他の作品

蝶の目と草はらの秘密 / カンガルーには、なぜふくろがあるのか / 古代エジプトのものがたり / 古代メソポタミアの物語 ルガルバンダ王子の冒険 / ポプラポケット文庫 ジキル博士とハイド氏 / ポプラポケット文庫 聖書物語



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

ウナギのひみつ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット