モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
月子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

月子

作・絵: 新井 満
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「月子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

処分される直前に、子どもたちから手を差し伸べられただめ犬。家族として成長する犬の姿を通して、「生」と「死」を考える絵本です。

ベストレビュー

犬を飼うまえに、読むことをお勧めします。

小説家の家の子供たち3人はどうしてもペットの犬が欲しい。で、親は条件を2つ出す。1、ペットの犬種は自由だが、金銭的な援助を両親はしない。2、命ある生き物だから食事もおしっこもする、病気になるかもしれないが三人で協力をして世話をすること。そして半年後、お年玉やら貯めたお小遣いを持って、意気揚々と隣町のぺットショップへ。ダンボール箱を抱えて、でも浮かない顔で帰宅した3人。確か真っ白なマルチーズを買うと言っていたのに、箱の中にはモップのような真っ黒な不細工なダックスフント。そこのペットショップでは1歳になるまでに売れない犬は「処分」されるらしく、明日を誕生日に控えたこの犬と出会って事情を聞いてしまい、3人は緊急会議の末にこの犬を買ってきたようだったのでした。それからというもの「月子」と名づけられたこの仔犬は病気はする、いたづらはすると言った具合で、すっかり「ダメ犬」のレッテルが。しかし、小説家兼DJでもある作者のとある番組に月子がDJとしてデビューするとたちまち人気者に!とうとう子供たちが巣立って、足腰も弱ってきた月子は、今、作者である父・母と暮らし、時々夕陽を見に出かけているようで・・・犬好きな我が家ではなかなか面白いと評判でした。
(1姫2太郎ママさん 30代・ママ 女の子10歳、男の子9歳、男の子5ヶ月)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新井 満さんのその他の作品

DVD付き絵本 希望の木 / 希望の木 / 死の授業 / プーさんの鼻のララバイ / 千の風になって ちひろの空 / くまごろうのだいぼうけん



お気に入りのくだものはどれ?

月子

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット