おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
サリーの帰る家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サリーの帰る家

作・絵: エリザベス・オハラ
訳: もりうちすみこ
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

主人公は13歳

YAを読み始めてまだ三カ月ほどですが、

私の読む本の主人公は今のところ圧倒的に12、3歳が多く、また一人ぼっちになることが多いのです。

この本の場合は、父は亡くなって家族はいますから厳密には一人ぼっちではないのですが、

父が亡くなった後、住み込みの奉公に出されることになった13歳のサリーのお話です。

それまでは夢想家で、家にいる時には妹のケティの方が家事でも役に立っていたのですが、

状況が変わると、一変したように力を発揮できる子がいるとしたこのサリーはそのタイプだと思いました。

自分のことよりも人の役に立つことができた時に力が何倍も発揮できるというは、

私も常々感じているところではありますが、サリーの目覚ましい成長ぶりに驚きました。

奉公先の主人夫婦のこともしっかりと見えていますし、

その時にすべきことがわかってそのように動けるというのはいざという時にとても力強いことだと思います。

続編もあるそうなので、今後のサリーがどうなっていくのか興味を持ちました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もりうち すみこさんのその他の作品

子ぶたのトリュフ / ライオンつかいのフレディ / ネルソンせんせいがきえちゃった! / 森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし / 宿題ロボット、ひろったんですけど / 呪われた図書館



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

サリーの帰る家

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット