おばけなんてないさ おばけなんてないさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
誰もが歌ったことのある童謡「オバケなんてないさ」が、せなけいこのユーモアあふれる貼り絵で楽しい絵本になりました。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
秘密のスイーツ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

秘密のスイーツ

作: 林 真理子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784591122051

一般
19.5cm x 13.5cm 151ページ

出版社からの紹介

時代を超え、小さなタイムトンネルで結ばれた二人の少女の心の交流を描く、心温まる、少し不思議な物語。著者初の児童文学作品。

ベストレビュー

大人の児童書

児童書版で読みたかったが、図書館にこっちしかなかった。林真理子さんが、いくえみ綾さんとタッグを組んだ作品。

文章に無駄がなく読みやすく、人物もほどよく書き込まれており、お話もよくまとまって良かったけれど、良質な児童書が持つ震えるような心の響きはありませんでした。
いや子供の心の動きは(読み取れば)書いてあったと思うけど、だけどなにかどこか児童文学(子どもの心情に寄り添った物語)ではないような。子どもって、こんなかなぁ。もっと自立心もあるし親に迷惑かけたくない気持ちも強い。けれどそんな理想とは違う自分に落胆し、イライラし、上手に感情表現できなくて。そういうのがこの年代ではないかなぁ。
子どもと同じ目線ではない、大人が書きましたという感じ。
児童書のエンタメかなあ。

でも戦時中やこちらでの生活が活き活きと描き出され、グッと入り込んで一気に読みました。なんとなくばあばの山里の神社を連想。
大人目線で書かれているゆえ、ある程度自分を見下ろすことのできる年頃、ヤングアダルト〜大人にオススメしたい。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


林 真理子さんのその他の作品

私のスポットライト / 秘密のスイーツ



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

秘密のスイーツ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット