宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
リトルラビットのいろあそび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リトルラビットのいろあそび

作・絵: アラン・ベイカー
訳: 鈴木 ユリイカ
出版社: 世界文化社

本体価格: ¥951 +税

「リトルラビットのいろあそび」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年03月
ISBN: 9784418968053

26ページ

出版社からの紹介

人気のリトルラビットと遊びながら色彩認識を!
イギリスで生まれて世界中の子どもに愛されているリトルラビット。遊びながらしぜんに色の基本的な認識力がつく、頭のよくなる絵本。2歳?5歳児対象。画家アラン・ベイカーの美しい絵は大人の鑑賞にも合い、情操も同時に育つ。

ベストレビュー

「頭がよくなる絵本です」となると孫に早速読んであげようと思いました。健康ならそれだけで充分だと思っていますが、孫が元気でいればそれだけで充分だと思うのですが、欲深い私がいます。少しでも頭がよくなってほしいとも思ってしまう私もいます。左右に顔も動かすことが出来なかった孫が今では、自由に動かすことも出来るし、不自由な右手だって拍手まで出来て充分に満足している私ですが、次々に欲が出てしまいます。リトルラビットの行動をよく見て色の勉強を絵本を見ながら楽しんでほしいと願うし、色を覚えていってほしいと思いました。何度も見ているうちにきっと孫も理解できると思っています。色が混ざるとこうなるんだと絵本好きな孫に学んでほしいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


アラン・ベイカーさんのその他の作品

さわって あそぶ えほん ちっちゃなウサちゃん おねんねよ / リトルラビットのかたちあそび / ペットねずみ大さわぎ

鈴木 ユリイカさんのその他の作品

ふんわりくまちゃんの いろいろ できるかな? / にじをつくったのだあれ? リボンのしかけえほん



だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

リトルラビットのいろあそび

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット