うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜

  • 絵本
作・絵: コマヤスカン
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2011年03月20日
ISBN: 9784061324619

3歳から

5〜6歳 編集部おすすめ


読者のみなさまへ

東日本大地震で被災されたみなさま、たいせつな方を亡くされた方々に、心からのお見舞いとお悔やみを申し上げます。

この本にも描かれた美しく、喜びにあふれていた多くの街が、3月11日に起こった大地震と大津波によって、筆舌に尽くせない壊滅的な打撃を受けました。
圧倒的な自然の猛威、二次的な災厄の巨大さ。無力感すら覚えます。しかしそれでも何かわたしたちにできることはないか? と考え、ささやかではありますが、 作者のコマヤスカンさんの著者印税および本書の収益の一部(売り上げの5%)を、日本赤十字社を通じて東日本大震災の義援金に寄付することにしました。
言うまでもなく日本はこれまでも、大きな自然災害、危機に直面し、そのたびに立ち上がってきました。そしていま、多くの国々から助けの手もさしのべられています。わたしたちは、けっしてひとりではありません。心をひとつにして、わたしたちが力を合わせれば、いつか、この本で描かれたはるかちゃんとお父さんのように、美しい日本の国土を旅できる日は、また来ます。
それを信じて、本書を刊行いたします。

平成23年3月16日
講談社幼児図書出版部

出版社からの紹介

朝、6時15分。まだ明けきらない新青森駅のホームから新幹線『はやぶさ』にのって、はるかちゃんとお父さんの旅は始まります。これから3つの新幹線を乗りついで、鹿児島のおじいちゃんの家まで行くのです! さて、どんな風景が二人をまっているでしょう……。1日のなかで、季節が冬から春へと移ろっていく、こんな美しい国土にわたしたちは住んでいたのだと改めて気付きます。びっしり描き込まれた、建物や山。またこっそりひそんでいる変なものを探すのも楽しい本です。

<作/コマヤスカンさんからのメッセージ>
この絵本では、小学生の女の子が、春休みに新幹線に乗って青森から鹿児島まで旅するお話をパノラママップでたどっていきます。
昨年12月8日に東北新幹線が青森まで、そして今年3月12日に九州新幹線が鹿児島まで開通するのに合わせて、ずいぶん前から準備して一生懸命描きました。
しかし、九州新幹線の開通の前日に、東日本大震災が発生し、絵本を楽しんでいただける状況ではなくなってしまいました。
そこで、心ばかりですが、講談社様のご厚意をえて本の売り上げの一部を震災復興の義援金にお役立ていただくこととなりました。
いつの日か、被災された地域の皆さまがこの本を手にとって楽しんでいただける日が来ることを心より願っております。

新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜

ベストレビュー

東日本大震災の直前の日本が俯瞰できる作品

2011年3月20日初版の絵本。
この日に大きな意味があります。
なぜなら東日本大震災が起きたのが、3月11日だからです。

物語は、青森に住む主人公のはるかが、春休みにパパと一緒に鹿児島に住む祖父・祖母を訪ねる設定です。
その交通手段が新幹線。
はやぶさ、のぞみ、さくらを乗り継いで行くというものですが、鉄道マニアでもなければ、本来は、飛行機でしょうが、その設定が絵本ならではの素晴らしいところです。

この絵本は、その道すがらを大きく俯瞰して描いています。
かなりデフォルメされた日本なのですが、日本が如何に平地が少ない国なのか、改めて知ることになりました。
そして、その土地の町並みとか、建物、旧跡なども、実に分かり易く描かれています。
日本地図の学習も、こんな風だったらきっと、好きになるに違いないと思える位の出来栄えだと思います。

しかし、この絵本が貴重なのは、東日本大震災直前の日本を描いているということに尽きると思います。
岩手から宮城に続くリアス式海岸、日本三景の松島、相馬市、いわき市等、その姿は、津波によって変貌してしまっており、そのことを想うと真摯な気持ちにならざるを得ません。

勿論、作品としても1級品ですが、それ以上に東日本大震災の直前の日本を見ることができる作品として、多くの方に見て欲しいと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

おすすめレビュー

地理感覚が楽しく身に付きます

書店や図書館で子供たちがいつも気になってる一冊でして、とうとう購入しました。 小4の長男向けのつもりでしたが、小1の次男も十分楽しんでいました。 次男も地図をしっかり見ていて、ここはこんな形、大仏が…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


コマヤスカンさんのその他の作品

新幹線のたび 〜金沢から新函館北斗、札幌へ〜 / おでかけ版 新幹線のたび with English / ドングリ・ドングラ / DX版 新幹線のたび / びっくりゆうえんち / 決戦!どうぶつ関ヶ原



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜



全ページためしよみ
年齢別絵本セット