宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
パパ・カレー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパ・カレー

  • 絵本
作・絵: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年03月25日
ISBN: 9784593560745

196×166 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「今日のカレーはパパがつくる!」「ぎゅうにく角切りゴロンゴロン」「かたち色々これがパパカレー」。パパのカレーができるまでを、とっても美味しそうなイラストと、リズミカルな文章で描いた絵本。大好評のシリーズ第2弾。

パパ・カレー

ベストレビュー

よ、よだれが・・・

久しぶりに、娘によみきかせ。
いろいろあって・・・ほんと、いろいろ。
内心、喜びながら読みました。

美味しそうな絵に、もうくぎづけ。
特に私はカレーが大好きだから、
口の中に唾液が・・・(><;)

お父さんが作るパパ・カレー!
どうしてどうして、上手なもんです。

カレーは、その家庭の味というのがあるだろうけど、
それでも、みな美味しい。
私が小さかった頃は、甘口のカレーにソースをかける!
懐かしいな〜。

このパパ・カレーは、バナナを入れる!
まったく考えもしなかったアイデア!

作り方も、我が家と違う。
でも、今度このやり方で作ってみようかな〜♪
バナナは遠慮します。
娘は、甘い料理は好きでないので。

それでも、拍手拍手!の娘のお気に入りに。

武田美穂さんのよだれが出そうなほど、
おいしいおいしい絵本。
「ハンバーグ ハンバーグ」も宜しく。
(多夢さん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武田 美穂さんのその他の作品

ひきがえるに げんまん / マネキンさんがきた / ランドセル名作 3つのとんち /長ぐつをはいたねこ・一休さん・うさぎどんきつねどん / 3つのとんち / たいふうのひ / おさるのこうすけ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾




全ページためしよみ
年齢別絵本セット