あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かく

作: 川崎 洋
絵: 和歌山 静子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

こどものとも年少版45号

作品情報

発行日: 1980年

2才〜4才向き
ページ数: 24 サイズ: 21X20cm こどものとも年少版 1980年12月号

出版社からの紹介

「絵をかく」「字をかく」「べそをかく」「かゆいからかく」「いびきをかく」「あぐらをかく」……。「かく」ということばをめぐる、毎日の生活の場面をのびやかな楽しい絵で描きます。

ベストレビュー

シンプルで言葉遊びの楽しい絵本

もう3歳でストーリのある絵本を好む息子にはちょっと遅いかなと思いつつ。
0歳の娘もいるので、入手しました。
なにせ、私が子どもの頃によく読んでもらった本なので懐かしくて。
このヘタウマな感じの絵(失礼!)が何とも味があって、好きでした。
「かく」という言葉の何通りもの意味を絵で描いています。
ストーリーはないのですが、一人の男の子が主人公のようで、なんとなくその子の日常を描いているような一貫性があります。
「じをかく」などい1ページあたりの台詞がとっても少ないので、小さい子や絵本が得意じゃない子にも読みやすいのではと思います。
息子は3歳後半でも、時々これを読んでほしがります。
今は「かく」という同じ言葉で意味の違う言葉があるのが、理解できて面白い部分もあるのかな?
シンプルでいい絵本だと思います。
(たっちママさん 30代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ


川崎 洋さんのその他の作品

しょうがつが くると / ぼうしをかぶったオニの子 / イソップどうわ 2 / イソップどうわ1 / それからのおにがしま / おひさまのかけら

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / だれといっしょにいこうかな? / 王さまかるた / 王さまABC / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(8) 古田足日子どもの本 / くろねこさん しろねこさん



葉祥明さんの描く不朽の名作

かく

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット