モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
どろぼう夫婦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どろぼう夫婦

作・絵: 児島なおみ
出版社: リブロポート

本体価格: ¥780 +税

「どろぼう夫婦」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

お隣に住んでいるのは、ホントにどろぼう夫婦?!

図書館のちょっと古びた本でしたが
赤く縁取られた、おしゃれなペン画の表紙が気になり、手にとりました。

主人公の「ぼく」は言います、お隣に住む夫婦は泥棒だと。
「ほんとうなんだからしょうがないよ。だってね、近所の物知りじいさんが教えてくれたんだ。」
・・・でも、お隣のご夫婦、表紙と違ってとても温和で、
ごくごく普通に暮らしているだけだと思うんですけど!

「ぼく」は小さな探偵さんになり、毎日お隣を見張っています。
ご主人が自動車の修理をしているだけでも
「現場からすぐ逃げられるように」手入れしている等々、
もう、全部アヤシく思える「ぼく」。
あの「物知りじいさん」に近況報告しているような絵もあり
あぁ・・・と思いつつも可笑しく、オチも楽しめました。

大人向けかと思い、自分用に借りたのですが
次男のリクエストで読んだら、耳だけ聞いていた長男も途中からやって来て、
終始ニヤニヤニヤニヤ、時々フフッと鼻で笑い、「面白かった〜」と言っていました。

小学校中学年位〜大人の方に、たまにはこんな作品もいかがでしょう。
線が細いので、おうちでの読み聞かせや、一人読みがおすすめです。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

出版社おすすめ


児島 なおみさんのその他の作品

偕成社文庫 大おばさんの不思議なレシピ / バク夢姫のご学友  / 伝説の編集者ノードストロムの手紙 / うたうしじみ / アルファベット絵本 / 聖マグダレナ・ソフィア・バラ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

どろぼう夫婦

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット