雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
とけいやまのチックンタックン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とけいやまのチックンタックン

  • 絵本
作・絵: 竹中 マユミ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784893253156

23×21cm 40頁

出版社からの紹介

時計をテーマにしたかわいいメルヘン
「とけいやま」のふもとに住んでいるチックンとタックン。
今日は、朝6時に起きて仲間の動物たちを誘って、山に
登ります。12時に頂上でお弁当を食べ、山を下って午後
3時におやつ。夕方には家に戻り、楽しい一日が終わります。
ーーさて、絵本の最終ページは、ある部屋の風景。壁には、
文字盤に「とけいやま」が描かれた時計がかかっていて、
すべては時計の中の出来事であったことが暗示され、読者を
想像の世界へと誘います。
時の記念日も間近。時刻や時計に興味を持ち始めたお子様に
おすすめです。

ベストレビュー

時計がテーマのおはなし

「とけいやま」を舞台に、チックンとタックンの一日が描かれています。
時計の短針の動き通りに二人がとけいやまを上り、いろいろな友達と一緒にてっぺんを目指します。
時計の数字が各所に隠れているのを見つけるのも楽しいです。
5時にはきちんとおうちに帰り、ご飯を食べて、おやすみなさい・・・。
規則正しい生活習慣を教えるのにもよい絵本だと思います。
(ねこよんよんさん 40代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹中 マユミさんのその他の作品

おたまじゃくしの チャム / ひゃっくん / おねえちゃんってふしぎだな



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

とけいやまのチックンタックン

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット