ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
集英社みらい文庫 新訳赤毛のアン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

集英社みらい文庫 新訳赤毛のアン

  • 児童書
作: モンゴメリ
訳: 木村由利子
カバーイラスト: 羽海野 チカ
本文イラスト: おの ともえ
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥620 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

孤児院出身のアンが、11歳でマシューとマリラに引き取られてからクィーン学院を卒業するまでの少女時代を描いたモンゴメリの傑作。羽海野チカさんの描き下ろしカバーイラストと、木村由利子さんの新訳でお届けします♪

ベストレビュー

世界の名作に触れてみたい小学生へ

うちの下の子が、珍しく自分から進んで図書館で見つけて借りてきました。
「赤毛のアン」は一度ちゃんと読んで見たかったそうなのですが、小学校の図書館にあるのはとても分厚いシリーズか、アニメのカット版絵本しかなくて、気になっていたそうです。

さて、ジュニア用に新約された本書はなんと集英社の新しい児童文庫シリーズで「集英社みらい文庫」シリーズから出ています。
(集英社さん、頑張れ〜!)

邦訳は木村由利子さん、カバーイラストは羽海野チカさん、そして本文のカット・イラストはおのともえさんという方が描かれていました。

私としては、文章が噛み砕かれ過ぎていて、少々物語のイメージが軽い気もしましたが、娘はとても気に入って、かえって来たお姉ちゃんに、この話にはどんなキャラクターが登場して、
どのシーンがどんなふうに面白かったと一生懸命説明していました。
特にアンが行商人(訪問販売)から買った毛染めで、髪の毛が緑色になって落ち込んでいるシーンが可笑しかったみたいです。
あと、作品中の一番のお気に入りは可愛いダイアナ(アンの親友)でした。(可愛いものが大好きな子なので)
一人で2〜3回は読み返していたみたいです。

多少、噛み砕いた文章になっているとはいえ、世界の名作に触れ、こんなにも「よかった」と読み返しているということは、この年頃の子どもたちにはとても読みやすい文章だったんだなぁと、思いました。
今までは分厚い本でちょっと手にする勇気がなかったけど、気になるな。という小学生のお子さんたちにはぜひ、お薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モンゴメリさんのその他の作品

集英社みらい文庫 新訳アンの青春 / シリーズ・赤毛のアン(全7巻)[図書館版] / 赤毛のアン(7) アンの友達[図書館版] / 赤毛のアン(3) アンの愛情[図書館版] / 赤毛のアン(4) アンの夢の家[図書館版] / 赤毛のアン(2) アンの青春[図書館版]

木村由利子さんのその他の作品

ホワイト ダークネス(上) / ホワイト ダークネス(下) / ハンスぼうやの国 / こはく色の目 / はらぺこねこ / ポプラポケット文庫 長くつしたのピッピ

羽海野 チカさんのその他の作品

集英社みらい文庫 読書ノート colorful

おの ともえさんのその他の作品

集英社みらい文庫 ひみつの図書館!(4) 『白雪姫』とアルパカの王子!? / 集英社みらい文庫 ひみつの図書館!(3) 『ピーターパン』がいっぱい!? / 集英社みらい文庫 ひみつの図書館!(2) 真夜中の『シンデレラ』!? / 集英社みらい文庫 ひみつの図書館!(1) 『人魚姫』からのSOS!?



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

集英社みらい文庫 新訳赤毛のアン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット