もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ケイティとモナリザのひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケイティとモナリザのひみつ

  • 絵本
著: ジェイムズ・メイヒュー 西村秀一
出版社: サイエンティスト社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784860790486

A4

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

内容紹介

元気いっぱいな、しりたがりやの女の子・ケイティがまきおこす、びっくりゆかいな名画のなかの大冒険。ルネサンスの画家・ダビンチ、ラファエロなどの絵を細やかに読み解き、親しみやすい物語を紡ぐ。

ベストレビュー

ナイトミュージアム・名画版!

10歳の息子と読みました。

モナリザ とか ダビンチ とかいうキーワードにちょっと敏感な息子には
とっても面白い絵本だったようです。

絵本だけれど小学生が読んでも面白い。
ケイティとモナリザがいろんな名画の中に入り込んでは迷惑をかけ、
いろんな名画の登場人物が外の世界に追いかけに来て、
なんだか映画でみた「ナイトミュージアム」の、
名画バージョンのようです!

モナリザはいつも微笑んでいるけど、
そっか、寂しかったんだね。とか、
ボッティチェリの「春」の妖精は、踊るのを邪魔されたくらいで
そんな目くじら立てるなんて、心が小さいな。なんて
思ったりします。

美術館に飾ってある名画はしずかーに見ないといけないけれど、
こうして外に出てきてくれたら、もっと生き生きとしていて、
こちらも楽しめるのにな。と、本気で思いさえします。

他の名画でも是非こんな感じの絵本が読みたいな〜。
シリーズがあるなら探さなくては!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジェイムズ・メイヒューさんのその他の作品

ケイティとすいれんの池 / ケイティとスペインのおひめさま / ケイティのはじめての美術館 / ケイティとイギリスの画家たち / ケイティと星月夜 / ケイティときょうりゅう博物館

西村秀一さんのその他の作品

ケイティのゆかいな水あそび / ケイティとひまわりのたね / ケイティと花たばのプレゼント



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ケイティとモナリザのひみつ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット