雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぼくとサンショウウオのへや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとサンショウウオのへや

  • 絵本
作: アン・メイザー
絵: スティーブ・ジョンソン
訳: にしかわ かんと
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ぼくとサンショウウオのへや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784834026023

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
25X26cm・28ページ

サンショウウオを家につれて帰ると、サンショウウオはどこで寝るの、誰と遊ぶのと、お母さん。少年はサンショウウオが幸せに暮らせるように部屋に色々なものを持ち込むが…。生き物たちのつながりが見えてくる絵本。

出版社からの紹介

「いっしょにくらそうよ」少年は、森でみつけたサンショウウオにいいました。
少年はサンショウウオに住みやすい環境を、といろいろなものを部屋に持ち込みますが…。

ぼくとサンショウウオのへや

ベストレビュー

子供の想像力

このお話は、オレンジ色のサンショウウオを拾ってきた男の子がお母さんに「サンショウウオって何食べるの?」と聞かれたところから始まりました。男の子がお母さんにこたえて、またお母さんが質問してといった感じでやり取りが続くのですが、その答えがとっても面白くってうちの子は共感していました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スティーブ・ジョンソンさんのその他の作品

ベルベットうさぎのなみだ / いろいろいろんな日

にしかわ かんとさんのその他の作品

オオサンショウウオ みつけたよ



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

ぼくとサンショウウオのへや

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット