あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
菜の子先生の校外パトロール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

菜の子先生の校外パトロール

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: YUJI
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「菜の子先生の校外パトロール」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784834026481

小学中学年から
21X16cm・224ページ

自然学習キャンプの夜、林の中から怪しい呼び声が。臨海学校の浜辺に流れ着いた、差出人不明のSOS。修学旅行の自由行動、ふしぎな笛の音に誘われて…。子どもたちの大ピンチに、菜の子先生が駆けつける。

出版社からの紹介

ご存じ不思議先生が、キャンプや臨海学校、修学旅行と、校外活動の現場に腕章姿もりりしく駆けつけ、
子どもたちを叱咤激励してそのピンチを救います。痛快シリーズ完結作。

菜の子先生の校外パトロール

ベストレビュー

一番の楽しみは「菜の子先生新聞」

上の子が小学校6年生くらいか、中学校に入ったくらいの時、菜の子先生シリーズに出会ったんですよね〜。
富安さんの作品の中でも、ピカ一で好きなシリーズです。
菜の子先生はいくつかの小学校の「謎の先生」として語り継がれていて、生徒たちが(不思議なことで)ピンチになると、どこからともなくやってきて、竹を割ったようなさばさばした物言いでありながら、さりげなくフォローしたりアドバイスしたりしてくれる、とっても頼りになる先生です。
「こんな先生がうちの学校にもいれば〜(☆彡)」って、ファンになるのも当然!と、私は思います。

今回ちょっと残念だったのは、校外パトロールというとこで、今までの学校編とはちょっと雰囲気が違っていたところ。
あと、描きやすかったので、表紙絵になったんだと思いますが、私は個人的に表紙絵の「七福神・宝船」の話よりも、ラストの京都・修学旅行編の話の方が好きでした。

毎回このシリーズでの一番の楽しみは「菜の子先生新聞」です。
本当にこういう投書があったのか、編集部のいたずらなのか…。それでも、本編を読むにあたって、更にドキドキ効果を上げさせてくれる楽しいひとコマであることには違いありません。

まだ菜の子先生に出会っていないお子さんたちには、小学校・中学校くらいのうちに、ぜひ一度ご拝読を!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども / 日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石 / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / 妖怪用心 火の用心 九十九さんちのかぞえうた

YUJIさんのその他の作品

日本全国ふしぎ案内(1) 菜の子ちゃんと龍の子 / いつもいつまでもいっしょに! ポレケのしゃかりき思春期 / ボクと子ネコと飛行船 / 鍵の秘密 / おはなしルネッサンス ネコのホームズ2 十三かかしの呪い / もしも、ぼくがサンタクロースとともだちだったら・・・



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

菜の子先生の校外パトロール

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット