もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
クリスマスプレゼント何にしようかな…そんな方へ『絵本とおもちゃ』のセットをご紹介♪
てではなそう(1) 「すき」と「なりたい」
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てではなそう(1) 「すき」と「なりたい」

作: さとう けいこ
絵: さわだ としき
出版社: 柏書房

本体価格: ¥1,200 +税

「てではなそう(1) 「すき」と「なりたい」」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

この人もおすすめしています

【田中パパ】
ボクラは、コミュニケーションの方法を言葉と文字だけに頼りすぎていないだろうか?
この絵本は、自分を表現する最もシンプルなセンス、「●●が好き」と「●●になりたい」だけに焦点を当てた手話の絵本だ。「ボクはきみが好きだ」から始まって「きみは何が好き?」そして「ぼくは 恐竜が好き」へと続く。
「なりたい」の章は更に感動的だ。「何になりたい?」「鳥になりたい」そして「きみは何をしたい?」という結び。
手話が耳の不自由な人の言語だなんて考えは、夢がない。体全体を使ったこのボディランゲージは、表現力を豊かにするはずだし、あらためて「会話する」という本来の意味を考える上でも素晴らしい絵本だと思う。
それから、ふと思ったけど、絵という表現方法も、文字や言葉よりも早くて正確な伝達力があることがはっきり分かった。

ベストレビュー

お兄ちゃんがきっかけで

4歳の娘と読んでいます。

きっかけは、長男(8)の小学校での活動。
月に1回、近くのろう学校との交流で、手話を習ってきて、
家で披露をしてくれます。

自分の名前の手話をお兄ちゃんに教えてもらった娘は、
「おててで、おなまえがいえたりするなんてすてき!」と
思ったみたいです。

毎日ちょっとずつ、この絵本を一緒に読んでいますが、

「すき」
「わたしは パパが すき」

を、とっても嬉しそうに、表現してくれます。


「なりたい」のところは、
一般的な職業のほかに、「ウルトラマン」なんてのもあって、
ちょっと笑ってしまいます。
気負うことなく気軽に、
体で表現できることばを一緒に楽しんで
覚えることができる一冊だと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さとう けいこさんのその他の作品

てではなそう(5) たりない? / てではなそう(4) おいしい / てではなそう(2) うれしい! / てではなそう(3) おはようございますみなさん / てではなそう きらきら

さわだ としきさんのその他の作品

塩の絵本 / アワ・ヒエ・キビの絵本 / ブドウの絵本 / スイカの絵本 / プレゼント



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

てではなそう(1) 「すき」と「なりたい」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット