だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ながぐつをはいたねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ながぐつをはいたねこ

作: 香山 美子
絵: 佐野 洋子
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥780 +税

「ながぐつをはいたねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

懐かしいお話

遠い昔、読んだ気がするお話なのに、内容が思い出せない。
図書館で手にした時、首を傾げて思い出していると、
「この本、小さい時保育園で読んだよ」と5才の息子。
「じゃ、思い出すために、借りてみようかっ」

とても面白いお話なのですが、大人になってしまうと、読み方が変わってしまうものなんだなと。
3人兄弟は、お父さんが亡くなった為、残したものを分けた。末っ子は、ねこ1匹。がっかりしている末っ子の為に、ねこは富を運んできてくれた。これじゃ、怠け者じゃないか!! 自分で努力しないで、福を得るなんて・・・。
大人になってしまうと、笑い話を素直に受け入れられなくなってくるものである(笑)
でも、子供にしてみれば、何て賢いねこなんだろう?と思ってしまうんでしょうね。
息子とそんな話をしながら、楽しく読みました。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

香山 美子さんのその他の作品

もういいよったらもういいよ / おはなしゆびさん / 紙芝居 ぼくってだれ? / どんぐりもりのおきゃくさん / コロンブス / 大きな大きな絵本 ろばさんの かわいい バッグ(チャイルド本社刊)

佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

ながぐつをはいたねこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット