ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
さがりばな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さがりばな

  • 絵本
文・写真: 横塚 眞己人
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「さがりばな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784062168328

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

一夜の花に、命のつながりを見る…。沖縄・西表島の水辺に、一夜だけ花を咲かせるまぼろしの花「さがりばな」。その、はかなく美しい営みをおさめた、命の循環をつたえる写真絵本。

[サガリバナ]
サガリバナ目サガリバナ科(学名:Barringtonia racemosa)
花言葉:幸福がおとずれる
奄美大島以南の南西諸島に分布する、高さ10メートルほどの小高木。毎年6月下旬から9月にかけて、夜にあまい香りを放ちながら白やピンクの可憐な花をさかせる。花がさくのはたった一晩で、翌日には散ってしまう。散った花びらが水面に浮かび、あたり一面が白やピンクでしきつめられたようになる美しい光景が幻想的なため、「夏の夜の花見」として親しまれている。

さがりばな

ベストレビュー

夏の夜の花見

 さがりばな、という変わった名前にひかれて、この絵本を開きました。サガリバナ目サガリバナ科のさがりばな、似た花は少ないんでしょうね。見たことも聞いたこともない花でした。

 開花の様子、花の付き方、散り方、すべてが幻想的です。
 開花の時に、とても甘い香りがするらしいので、どんな香りか気になりす。

 奄美大島以南の南西諸島でしか見られないそうです。遠い場所ですが、さがりばなが散って流れていく様を、見てみたいなと思いました。
「夏の夜の花見」として、島民に親しまれているのが、いいなと思いました
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

横塚 眞己人さんのその他の作品

どこにいるの イリオモテヤマネコ / 太陽の花 / ゆらゆらチンアナゴ / ウミショウブの花 / ダヤンと森の写真絵本 ねどこどこ? / ゾウの森とポテトチップス



『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

さがりばな

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット