とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ママのとしょかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ママのとしょかん

  • 絵本
文: キャリ・ベスト
絵: ニキ・ダリー
訳: 藤原 宏之
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ママのとしょかん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月15日
ISBN: 9784406054652

小学校中学年〜小学校高学年
A4変型上製 32P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

今日はリジーのママが働いている公立図書館へ初めて行く日です。りっぱな建物のなかには本がたくさん。絵本の読み聞かせを手伝ったり、利用者からの質問にママの同僚のアルバートと本を調べて答えたり。リジーは図書館のさまざまな仕事を経験しました。幸せな一日。リジーは思っていました。「ママのおしごと、すてきだな」


ベストレビュー

本好き親子にはもってこい

少し長めの絵本ですが、息子たちは気に入って何度も何度もリクエストしてきます。
本は好きだし、図書館も好きだから、身近に感じたのかもしれません。
図書館で働くママと一緒に電車で出勤。リジーのワクワクが伝わってきます。
まだ幼いリジーだけど、職場の歓迎ムードがいいですね。図書館という職場ならではかな。それともお国柄かな。(日本だともっと疎まれそう。泣)
ママの日常、リジーの非日常。そのシンクロが面白いです。
特段に大盛り上がりするストーリーではないのに、釘づけになってしまいます。
本好きな親子に、ゆったりと読んでほしいですね。
(環菜さん 20代・ママ 男の子5歳、男の子4歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャリ・ベストさんのその他の作品

グースにあった日

ニキ・ダリーさんのその他の作品

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで― / かわいいサルマ

藤原 宏之さんのその他の作品

いぬのロケット本を読む / こうもりぼうやとハロウィン / スミス先生とふしぎな本 / わたしのとくべつな場所 / ぼくのブック・ウーマン / トマスと図書館のおねえさん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ママのとしょかん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット