もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ブーちゃんの秋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブーちゃんの秋

作: 最上 一平
絵: 久米宏一
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

「ブーちゃんの秋」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年09月10日
ISBN: 9784406016636

小学校中学年〜小学校高学年
タテ20.7×ヨコ15.5) 120P

出版社からの紹介

気が弱くて運動がにがてなブーちゃんは、かっこいい章ちゃんと友だちになりたいのです。そのために、水を10ぱいものんだり、野球の判定でセーフをアウトといったりしますが…。友だちを意識しはじめた子どもの心を描きます。 第35回読書感想文コンクール課題図書

ベストレビュー

主人公は小学4年生

新司は、運動神経も鈍くて体重が五十キロ以上もある小学4年生です。だからなわとびも苦手です。

冬になると小学校では必ずなわとびがありますね。

そんなことから興味を持って読みました。新司は動きはのろいけれど、とても素直なところのある少年です。

活発な章太郎と仲良くなりたいと思っているのですが、なかなか話ができません。

自分と同じような行動や興味を持つ子どもと自然に仲良くなるもので、章太郎と新司はその点とても対照的ですし、章太郎の態度はどちらかという新司に冷たいので、どうなることかと思いました。

後半のエピソードは大人として親として見るととても胸が痛むエピソードでしたが、新司のとても素直で優しい気持ちが章太郎にも通じたのかなと思えて、その点はとてもほっとしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

最上 一平さんのその他の作品

飛ぶ教室 / こころのともってどんなとも / さけが よんひき / 三月十日の朝 / おかめ ひょっとこ / ユッキーとともに

久米宏一さんのその他の作品

南総里見八犬伝  / きつねの花火 / 紙芝居 なぞなぞむこどん / ぼくらは機関車太陽号



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

ブーちゃんの秋

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット