モリくんのおいもカー モリくんのおいもカー モリくんのおいもカーの試し読みができます!
作: かんべ あやこ  出版社: くもん出版
おいもで作ったおいもカーで、実りの秋の森を楽しくドライブ! 愉快で楽しい冒険絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
わすれてないよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わすれてないよ

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784774606118

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お母さんは、「いつもわすれてばっかり」って怒るけど、僕、わすれんぼじゃないんだよ!だってね…。

ベストレビュー

怒りっぽくなってきているお母さんへ

今や、「おかあさんといっしょ」のミニアニメも担当されて、すっかりメジャーになってしまったあきやまさんの新刊です。(2004年4月発刊)
「わすれてないよ」の主人公のぼくは、まるで我が家の上の子そっくり。(本人も「似てる〜」といってます)
生活する上で基本的なことをすぐ忘れちゃうんです。例えば、出かける時に、ハンカチやちり紙を忘れる。トイレの電気を付けっぱなしで消すのを忘れる。(うちなんて、朝まで付いてることもあります)
よそ見しながら食べるから、食べたものがぼろぼろ落ちる。
本当に、そっくり!
私も、この絵本のお母さんと同じように、毎日ガミガミ細かく「アレはしないで、これはできた?」と、聞いてしまいます。
絵本の最後で、「ぼく」が怪獣になって、お母さんを責めている所を見たら、ちょっと、反省…。
もっと、子供のできる所、がんばっている所も見つけていこうと、思いました。
ふだん、怒りっぽくなっているお母さん方に、ぜひ、読んでで欲しい絵本です。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

わすれてないよ

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット