あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
マドレンカのいぬ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マドレンカのいぬ

  • 絵本
作・絵: ピーター・シス
訳: 松田 素子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784776400516


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

マドレンカは、ニューヨークにすむ女の子。犬がほしくてたまらないマドレンカは、空想上の犬と一緒に街へ散歩に出かけますが……。どんどんふくらむ想像と、フラッ
プの仕掛けが楽しい作品です。

ベストレビュー

犬を飼いたい女の子

 マドレンカは犬が欲しくてしかたありません。その願いが高じてある日、本当に犬とお散歩に出たかのような不思議な体験をします……。
 ピーター・シスらしい摩訶不思議で幻想的なイラストが印象的な作品です。犬が欲しいという設定は『ミトン』でもおなじみ。シス版はストーリーラインよりも、素敵な仕掛けが魅力です。この「仕掛け」なのか、「仕掛け」でないのかわからないほどひっそりと施されている「仕掛け」には、作者の美的センスが発揮されてますね。美しいです。(うちの子供たちは、この仕掛けが大好き!)最後にいろんな犬が紹介されるので、これも犬好きにはたまらないかも。
 設定はシリーズ第一弾『マドレンカ』同様、ニューヨークが舞台。いろんな国の人たちが街角に登場し、国際色豊かです。日本人のミチコさんも登場〜。ちなみに米国ではこちら第二弾『マドレンカのいぬ』の方がずっと高く評価されています。(『マドレンカ』は、歯の抜けたマドレンカが街中を走ってそれを知らせていくお話。)共に、ニューヨークらしさが味わえる作品ですね。小学生だったら、いろんな国の文化の勉強になるかもなどと思いました。
(ムースさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

ピーター・シスさんのその他の作品

飛行士と星の王子さま サン=テグジュペリの生涯 / マドレンカ サッカーだいすき! / 身がわり王子と大どろぼう / かべ―鉄のカーテンのむこうに育って / モーツァルトくん、あ・そ・ぼ! / かかし

松田 素子さんのその他の作品

エステバンとカブトムシ / オチビサンの ひみつの はらっぱ / わたしは樹だ / オセアノ号、海へ! / ナマケモノのいる森で / ヤモリの指から不思議なテープ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

マドレンカのいぬ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット