ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
奇跡の子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

奇跡の子

作・絵: ディック・キング=スミス
訳: さくま ゆみこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「奇跡の子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年07月
ISBN: 9784062107884

サイズ:A5判 ページ数:220

出版社からの紹介

鳥たちを追いながら、鳥たちと戯れる捨て子のスパイダー少年のピュアな魂の軌跡――。

1926年、3月のある晩、丘の上農場に赤んぼうが捨てられていた。羊飼いのトム・スパロウに拾われた赤んぼうは、トムとキャシーの夫婦に育てられることになり、スパイターと呼ばれるようになった。大きくなっても、ほとんどことばを話さず、歩き方も変なスパイダー少年だったが、彼にはある不思議な力があったのだった……。
戦争の影がしのびよる時代、イングランドの片田舎を舞台に、しずかに流れていくひとつの寓話。

ベストレビュー

静かで穏やかな作品

あとがきでさくまゆみこさんが書いておられますが、動物ものか多いディック・キング=スミスにはめずらしい人間が主人公の作品です。

羊飼い小屋に捨てられた赤ん坊は、子どものない夫婦に育てられます。

成長するにしたがって、知的な発達が遅れていることがわかってきます。

作品の中で「イディオ・サヴォン」というフランス語で「知的にはおとるけれど、特定の分野ではすぐれた力を見せる人」と説明されています。

スパイダーと呼ばれた少年の赤ん坊の時から16歳までの成長をゆっくりと描いていきます。

育て親にも愛され、周りの人からも愛された少年には、動物の声まねができることと、動物と仲良しになるという特技がありました。

「いいこ」というのが口癖で、素直な人柄が感じられました。

年齢的にはどれぐらいから読めばいいのか、ディック・キング=スミスには中学年以降に読める作品が多く、

それよりももっと上の年齢の子どもたちに読んでもらえるように書いたということなので、中学生や高校生ぐらいかもしれません。

とても静かな穏やかなお話で、こういう形の幸せもあるということを感じました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


ディック・キング=スミスさんのその他の作品

ネコのアリストテレス / ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ / やりぬく女の子ソフィーの物語 (6) ソフィーのねがい / やりぬく女の子ソフィーの物語 (5) ソフィーのさくせん / やりぬく女の子ソフィーの物語 (4) ソフィーは乗馬がとくい / やりぬく女の子ソフィーの物語 (3) ソフィーは子犬もすき

さくま ゆみこさんのその他の作品

バンブルアーディ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン / 英日CD付 英語絵本 おおきなのはら Over in the MEADOW / おばあちゃんからライオンをかくすには



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

奇跡の子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット