モリくんのおいもカー モリくんのおいもカー モリくんのおいもカーの試し読みができます!
作: かんべ あやこ  出版社: くもん出版
おいもで作ったおいもカーで、実りの秋の森を楽しくドライブ! 愉快で楽しい冒険絵本。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
草原のサラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

草原のサラ

作: パトリシア・マクラクラン
絵: 中村 悦子
訳: 小玉 知子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年01月
ISBN: 9784198604301

小学校中高学年から
B6判/152ページ

出版社からの紹介

パパと結婚するために大草原にやってきたサラ。家族四人で幸せに暮らしていたのもつかの間、大草原は大かんばつにみまわれ、サラと子どもたちは、海辺のメイン州へと旅立つことになるのでした。パパをひとり、大草原に残して…。読者の熱い要望によって書かれ、前編「のっぽのサラ」同様、世界中のファンを魅了している、優しい愛の物語です

ベストレビュー

『のっぽのサラ』その後

『のっぽのサラ』を読んだ時に、『草原のサラ』という続編があること教えていただきました。

『のっぽのサラ』では、サラが花嫁としてやってきます。

『草原のサラ』では、結婚して大干ばつに見舞われます。

天候・天災に関して人は立ち向かっていくことはできませんが、そんな中でも人は生きいかなくてはならず、

人の気持ちを支えるものは家族愛であったり、人とのつながりであったりだと思います。

生きていく間には、いろいろな苦難があります。

時には立ち止まったり時には気持ちが萎えたり、でも人にはどんな時にも生きていこうとする力もあります。

『のっぽのサラ』でそのさわやかで暖かい世界に魅了された人々のリクエストによってこの作品は描かれたそうです。

『のっぽのサラ』を読んだ後には、この『草原のサラ』で、サラと家族たちがその後どうなったのかをお楽しみください。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パトリシア・マクラクランさんのその他の作品

きょうはかぜでおやすみ / ぼくのなかのほんとう / ちーちゃいチーチャ / おじいちゃんの目、ぼくの目 / 潮風のおくりもの / おじいちゃんのカメラ

中村 悦子さんのその他の作品

庭師の娘 / つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン / 千年もみじ / ミンティたちの森のかくれ家 / かあさん どうして / 三つ穴山へ、秘密の探検

小玉 知子さんのその他の作品

3びきのかわいいオオカミ(大型しかけえほん) / レモネードを作ろう / よくばりくつや



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

草原のサラ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット