しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
「けんぽう」のおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「けんぽう」のおはなし

作: 井上 ひさし
絵: 武田 美穂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

日本国憲法の大切さを訴えつづけた、作家・劇作家の井上ひさしさん。
生前、実際に小学生にむけて語った「憲法」への思いを、武田美穂さんのあたたかいイラストで絵本にしました。
井上ひさしさんの一周忌、2011年4月9日に刊行しました。

ベストレビュー

“争い事が起きたとき、戦わずに国を守るには?”

この秋に、初めて住まいの近くでやっている『9条の会』のお話を聞く機会がありました。
初めて聞いたときは何?と思いましたが、ここ数年日本国内には大江健三郎さんなど文化人たちの掛け声で、『9条の会』がたくさんあるそうです。『9条』すなわち“日本が戦争を永久に放棄し戦力を保持しないと定めた”日本国憲法を守ろうという会です。

そこで聞いた話でいろいろ思うところがあり、ネットで検索していたら小学生にもわかるような「憲法」の絵本がある!しかも書かれているのはあの、井上ひさしさんではないですか〜!?
うおぉ〜っと、思って探してきました。

とても分かりやすく楽しく描かれていました。イラストが武田美穂さんだったのも子どもたちの好奇心をつついたらしく、
我が家の子どもたちは二人とも「なになに?」と、さっそくこの絵本を手にして読んでくれました。
読み聞かせにするにはちょっと読みづらい作りでしたので、一人読みで読んでくれて助かりました。

うちの下の子は特に、
『ぼくのお父さんは、いっぱい勉強して、いい大学にいくのが幸せだっていうけど、ぼくはサッカーの選手になりたいんだ……』という、子どもの訴えと、それに対して井上さんがお答えになっているシーンにやけに興奮して「そう、そう!!」といっていました。
偉い人、力のある人の言いなりになるのではなく、一人一人に自由がある。ということ。
他にも、小学校の高学年くらいであれば十分理解できる言葉で、日本の憲法の中にある「戦争放棄」のことについてもわかりやすく語ってくれています。
私は特に、井上さんが「(戦争を放棄している)日本は、争い事が起きたとき、戦わずに国を守るためにどうすればいいか」という話を子どもたちにしている部分が心に残りました。
親しみやすい武田美穂さんの絵を見ながら、子どもたちと今一度「日本国憲法」について話し合ってみるのは、いかがでしょうか?

この絵本を読んで、うちではいい刺激になりました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

井上 ひさしさんのその他の作品

少年口伝隊一九四五 / 水の手紙 群読のために / ガリバーの冒険 / 100年インタビュー ふかいことをおもしろく / 汚点・春は夜汽車の窓から / ライオンとソフトクリーム

武田 美穂さんのその他の作品

かみなり どん / ぼくのきんぎょをやつらがねらう! / いつでもインコ / ポプラ世界名作童話(6) 西遊記 / ごいっしょにどうぞ / 戦争と平和のものがたり(1) ちいちゃんのかげおくり



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

「けんぽう」のおはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット