ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
コウモリのルーファスくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コウモリのルーファスくん

  • 絵本
作・絵: トミ・ウンゲラー
訳: いまえ よしとも
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784776404774

読んであげるなら3・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
28×21cm・32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

コウモリのルーファスくんは、じぶんの黒い衣装にうんざりしています。
あるとき、うまいぐあいにだれかが「えのぐばこ」をおきわすれて
くれていたので、ルーファスは、耳を赤く、つめは青く、あしは
むらさきいろに、じぶんをきれいにぬりかえました。そして
ごきげんで、日の光のなかへとびだしていったのですが……。

いつもと違う世界に足をふみいれたルーファスが、
みつけたものとはなんだったのでしょうか。ウンゲラーが描く、
夜の黒と昼間の鮮やかな色のコントラストもすてきです。

コウモリのルーファスくん

ベストレビュー

隣の芝生は青い

「すてきな三人組」で知られるトミー・ウンゲラーの作品。
初版は1980年で、邦訳は2011年となっています。
ウンゲラーと言えば、「オットー戦火をくぐったテディベア」「あおいくも」のように戦争を題材に考えさせられるもの、「エミールくんがんばる」「へびのヘクター」のようにほのぼのさせてくれるものと色々な側面があります。
今回の作品は、ほのぼの感がありつつも、考えさせられる作品に仕上がっています。

主人公のコウモリのルーファスは、自分の黒い衣装にうんざりしています。
夜行性ですから、黒の世界が基調なのですが、あるとき、屋外で上映されているカラー映画を見て、色のある世界に憧れます。
そう、夜でなく昼の世界に踏み入りたいと思ったのです。
そこで、眠いのを我慢して朝まで起きていて、昼の世界を初めて目にするのですが、色に溢れた世界に驚愕してしまいます。
自分も着飾ろうと、落ちていた絵具で彩色して飛び立つのですが、飛び立つや否や、人間に打ち落とされてしまうのです。

後半は、人間とのやり取りが描かれているのですが、隣の芝生は良く見えるといったところでしょうか?
勿論、知らない世界に踏み出すということは、至極大事なこと。
疑問を持たないで生きていたら、それこそ、何の成長も望めません。
やってみて、判断すれば良いだけの話です。
そんなことを諭してくれるような作品で、ウンゲラーらしい作品と言えそうです。
安心して読み聞かせできる作品としてオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トミ・ウンゲラーさんのその他の作品

フリックス

いまえ よしともさんのその他の作品

よかったね、カモのおちびちゃん / 英語でもよめる ぼちぼちいこか / (大型絵本)ちからたろう / へっちゃらへっちゃら / モンスター・ベッド こわいかこわいぞ / じゃがいもかあさん



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

コウモリのルーファスくん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット