おばけとおでかけ おばけとおでかけ おばけとおでかけの試し読みができます!
作・デザイン: 新井 洋行  出版社: くもん出版
おばけの友だちに会いにいこう♪ 手と声で参加する楽しい絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ガンジイちゃんのつぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ガンジイちゃんのつぼ

作: 長崎 源之助
絵: 石倉 欣二
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ガンジイちゃんのつぼ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年06月
ISBN: 9784591047002

小学校高学年〜
サイズ :22cm x 15.5cm ページ数 :152ページ

ベストレビュー

公害への怒り

公害のためにすっかり様変わりした足尾銅山のそばで、頑固なじいさんが焼物を始めた。
ガンジイと呼ばれる頑固者のじいさんは、焼物には適さぬ土で、売り物にもならない焼物を作り続ける。
その名も公害焼。
およそ観光名物になりえない作品を創り続けるのは、足尾銅山の公害対策を訴え続けた田中正造の生き方に感銘を受けたからでした。
鉄道写真を撮るために訪れた良太、正体不明の少女アキノ、暴走族の落ちこぼれ青年赤毛のアンがドラマを展開します。
廃坑になった足尾銅山、第三セクタになった鉄道、時代に埋もれていくような場所ですが、日光に近いこともあり、息子は小学校の修学旅行に訪れた場所でもあります。
公害問題という社会問題は、少し身近ではなくなってしまったかもしれませんが、高度成長期時代の病巣は改善されたわけではありません。
児童向けに書かれた物語の中で、長崎源之助さんは熱く語りかけています。
この本が絶版というのはさびしい気がします。

長崎源之助さんの訃報を新聞で見かけて、未読の書籍を探し始めました。
戦争、原爆、公害、…。
社会をしっかりとした視座から捕え続けた長崎さんの作品を、埋もれさせてはいけないように感じています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ガンジイちゃんのつぼ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット