ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
それいけ!アンパンマン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

それいけ!アンパンマン

  • 絵本
作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「それいけ!アンパンマン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年09月
ISBN: 9784577003091

4歳から
26×21cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いまではすっかりおなじみのこのタイトル。
最初にこのタイトルが登場したのは、この絵本からです。

主人公は、まだまだ人間らしさが残る、アンパンマン。
崖から落ちるこざるを助け、顔をあげると、
あまりにおいしいから、とこざるの集団に追いかけられます。
すると、突然池からは怪獣が現れます。
どうなる?!アンパンマン!

アンパンマンのやさしい心は伝わる1冊です。

ベストレビュー

これもアンパンマン

初期の頃のアンパンマンのお話は

ほかにも読んだことがあるので、驚くことはないですが、

はじめて読む人は驚きがいっぱいだと思います。

見た目もかなり違います。

顔を食べさせてるところは一緒ですが、

顔がかけても、新しい顔は誰も持ってきてくれません。

それに顔を全部食べられても、顔なしで

空を悠々と飛んでいます。

驚くというよりはちょっと笑ってしまいますが・・・。

やなせたかしさんが、ヒーローだって犠牲を払うべきだと

いうことで自らを食べさせることを考えたと

言っていましたが、この発想、なかなか浮かばないと思います。

名作だから、ずっと受け継がれてほしいです。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やなせ たかしさんのその他の作品

アンパンマンおやすみメロディブック すやすや / アンパンマンおやすみメロディブック ねむねむ / それいけ!アンパンマン スーパーアニメブック(1) アンパンマンとポッポちゃん / アンパンマン ミニシールえほん なかまたち / アンパンマン ミニシールえほん こうえん / おいしいなかまたち



『いちにちじごく』作者インタビュー

それいけ!アンパンマン

みんなの声(8人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット