貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
お花咲太郎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お花咲太郎


出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「お花咲太郎」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

咲太郎は、花売りの少年。お花は、茶屋の娘。¥n二人の恋物語を、江戸の向島を舞台に、お話はすすみます。¥n咲太郎は、何にでもやさしい性格なので、虫を助けたことから、¥n虫たちが咲太郎に何か恩返しをしようとします。¥nそれが、恋のキュウピット役なのです。¥n咲太郎と、お花の二人の恋はうまくいくのでしょうが?¥n講談と言っても、とても読みやすく、¥nおとなの方やご年配の方の楽しめますよ。

出版社おすすめ




未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

お花咲太郎

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット