宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
オオカミ王ロボ/あぶく坊主
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オオカミ王ロボ/あぶく坊主


出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オオカミ王ロボ/あぶく坊主」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

動物文学の最高峰を児童文学界の巨匠、前川康男が再話。だれもが楽しめるシートン動物記。全ページ総ルビ。豊富なカラー解説付。

ベストレビュー

誇り高き王

私が小さい頃から持っている本を娘に読みました。
先に読んでいた『灰色グマワーブ』と同じように最後は
ちょっと寂しい物語ではあるのですが、この誇り高き
オオカミ王のロボにうっとりしてしまいます。
日本にもオオカミがいたらいいのになあとまで思ったり
(いたらいたで危険なことがたくさんあるのでしょうけれど)。
人間にとっては憎い敵であるオオカミですが、あまりに
このロボが賢いために、娘も私もオオカミよりの
気持ちで読んだのでした。
また、娘はロボがなぜ死んでしまったのかがよく理解
できないようで、説明をしてあげたのですが、きっと
「誇り高いために、人間からもらったものなど食べない」
なんてことはまだまだわからなかっただろうなあ。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

オオカミ王ロボ/あぶく坊主

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット